プロが語る展示会集客とは?一枚のフリップでこじ開ける

☆本日の目次☆

《ブース前の勝負は10秒》
《相手のメリットを考える》
《キラーフレーズとフリップ》

《ブース前の勝負は10秒》

さて前回は展示会の初日で、

どうすれば来場者がブースに注目してくれるのか

という形が少し見えてきたお話をした。


そして、1日目が終わり、

帰宅した後にある準備に取り掛かる。


その準備とは簡単なフリップを作ること。


実はプレゼンを行う内容の中で、

このフリップ作戦は考えていたのである。


ただ、現状プレゼンを行えるほど

ブースに人を集められていないので、

ブース前で連呼をしているときに

フリップを使ってみようという考えに至った。


《相手のメリットを考える》


前回も書いた通り、

来場者がブース前を通り過ぎるのは
10秒から15秒程度。


この間が勝負。


フリップの内容は、

その製品がなぜ良いのか?

何が購入する方にとってメリットなのか?


これを載せることに集中。


しかも15秒くらいで

説明できるように簡潔にまとめる…


この記事を書いている2015年には、

まだパワーポイントで

スライドを作る技術がなく、

頂いたパンフレットをチョキチョキと切って、

拡大カラーコピーして、

フリップに張り付ける。


早朝からコンビニのコピーで右往左往、

あーでもないこーでもないと

アナログ形式で作成。


そして、

簡単なキャッチコピーや説明文を書き、

何枚か制作し、

ひとつのストーリーになるようにと完成させる。


これは何かに似ている…

そうまさにCMの世界。


15秒の間に製品・商品の魅力を伝えるCM。


そんなことを考えていると

CMの制作って凄いなと気付く。


本来、手先が不器用で、

工作などは大の苦手。


センスのかけらもないフリップで、

CMには程遠いものだったとは思うが、

そんなことも言ってられないくらいに、

必死に制作。


センスはないが、

一生懸命喋ることは出来る。


というかそれしか強みはない。


それでなんとかやってみよう。

※こちらの記事は、2015年8月4日のものです。
2016年9月現在、御社の展示会で
高い商談率が可能な戦略を取っています!

『プロMCが伝授、ブース前声掛けの秘密』もご覧ください!
以下のバナーをクリック↓

《キラーフレーズとフリップ》

温かい声を掛けて見守って下さる、

社長や社員の皆さんの役に立ちたい、

とその思いだけで制作したフリップを持って

2日目の会場へ向かった。


会場へ到着し

「おはようございます。
今日もよろしくお願いいします!」

と挨拶をすると

皆さんも快く笑顔で迎えてくださり、

「今日は絶対に結果を残そう」

そんな強い気持ちになる。


そして、

「今日はこれを作ってきたんですよ。

かなりセンスのないものなのですが…」

と恥ずかしながら制作したフリップを見せると…


社員の皆さんには

「ありがとうございます!」

と感謝され、社長からは

「これをやっているMCはいない。
それがいいんですよ。」

というお言葉を頂く。


頑張ろう。やるしかない。


何とか役に立ちたい。


そんな思いがあふれる中、開場。


人通りが少ない時間から、

1日目と同じようにキーワードを連呼。


相変わらず素通りはされるが、

指さしなどでアピールすると

初日よりは見てもらえる。


そして午後に入り、

色々なことを繰り返しているうちに

一つの奇跡が起きた!

その奇跡とは一体?

次回はついに○○が出来る!
それを書いていきましょう。



御社の展示会成功の為に
ブース数千社を研究した内容をまとめた
無料のメルマガを提供しています。
以下からお気軽にお申し込みください↓
(あやしいページには飛びませんのでご安心ください(笑))

東京ビッグサイトなどで行われる展示会で、
集客を上げたいと悩む企業様に、
集客MC・岩下利朗がブースに活気を与えます!
リードの獲得、
ブース動線や当日の戦略など、
展示会集客のアドバイザー


岩下利朗のMCにご興味ある方は、こちらから承ります

Facebookでもお気軽にご連絡ください

(スパム等防止のため、申請の場合はメッセージを付けて頂きますようにご協力をお願いいたします)


この記事をはてなブックマーク・facebookでシェアして周りの方と共有しましょう!







0コメント

  • 1000 / 1000