展示会MCとして自爆したスタート、ビッグマウスで大失敗

※この記事は2015年7月時点の記事です

☆本日の目次☆

《展示会MCのきっかけ》
《展示会のシナリオ作り》
《ブース前のトーク》
《デモンストレーションは強い》
《展示会でMCは要らないのか?》

《展示会MCのきっかけ》

今回から具体的に

展示会のMC目線で書いていきたいと思う。


プロフィールにも書いているが、

MC・ナレーターの仕事を始めてから、

展示会に行く機会があった。


そこで目にしたものは、

企業様が一生懸命制作した製品やサービスを、

ブースの前を人々が通り過ぎて行くという光景。


もちろんMCもいるが、

しゃべっていても人々は立ち止まろうとしない。


「高いお金を払って、これだけの効果ではもったいない」

「何とか役に立てないものか」

という考えが出てくるようになっていった。


そこで

「自分ならしゃべりで止めることが出来るはず」

という意気込みが生まれ、

これまでのMC・ナレーターの経験が

必ず生きるはずだから、

思い切ってやってみよう!と思い、

展示会のMCとして段取りを整え、

DMをお送りしたところ、

ある企業様からお電話を頂いた。


《展示会のシナリオ作り》

打ち合わせに伺い、

そこで私は

「必ず声だけでお客様の足を止めてみせます!」

と自信満々だった。


企業様も

「それならちょっとお願いしようか」

と契約に発展。


そこから打ち合わせで伺ったこと、

アピールポイントや魅力を原稿に書き起こし、

どうすれば人に伝わるかを徹底研究した。


そして展示会当日…

足を止めるため、

耳に残るようなフレーズを

一生懸命に考えたシナリオ。


それをしゃべることで人の流れを止め、

ブース内に引き込み、

製品の前で魅力を伝えるプレゼンを行う。


流れのイメージとしては完ぺき。


もちろん、多少の緊張はあったが、

その場に飲み込まれるという感じもなかった。

《ブース前のトーク》

イケる!

俺って天才じゃなかろうか…

そんな自信も心の奥底から出てきた。


そして、初日のお昼前くらいに、

人通りが多くなったところで

「じゃあ、岩下さん、行きましょうか」

担当スタッフさんからのゴーサイン。


「きた!」

一気にアドレナリンが噴き出す。

いつものMC前のあの興奮スイッチが入る。


まずはブースへ引き込むための

企業さんの魅力を伝えるフレーズ、

これはもう頭に入っていた。


意気揚々とMCを始める。


「さて皆さん、ちょっとこちらにご注目を!…」

「皆さんは○○というものを知っていますか?それは…」


道行く人の足が止まる。

こちらを見ている。


「よし、よし」


…が!しかし!

そこからは

「ん?なんかあの兄ちゃんが叫んでるぞ?ま、いいか」

そんな表情で自分の方を一瞥しただけで、

違う方向へ流れていく。


それでもなんとかすべてのフレーズは言わなければ…


必死で製品の魅力をしゃべり続けるも、

どんどん素通りされ、

自分の声だけが響き渡る。


《デモンストレーションは強い》

「岩下さん、ちょっと止めましょうか」

担当スタッフさんから止めが入る。

「ちょっとこの形は厳しそうですね…」


担当スタッフさんにも周りの営業スタッフさんにも、

とてもじゃないが目を合わせられなかった。


こんなはずではない。


これじゃ、以前見たMCと変わらない。


いやそれよりもひどいかもしれない…


全てのシナリオがパーになってしまった。
全身から変な汗が出てくる。


「どうしよう、いやどうしたらいいんだ?」


パニックとはこのことで、

何から手を付けていいのかわからない…


途方に暮れているときに

「ちょっと他のブースとか見てきたらどうですか?」

と担当スタッフさんからアドバイス。

何もアイデアが浮かんでこないので、

気分転換も兼ねて、

MCが付いていて

行列ができているブースに向かった。


行列が出来ているところは、

主にデモンストレーションを

行っているブースが目立つ。


特にしゃべりが上手いわけではなく、

多分社員さんを使っている

ところもあったのだろう。


実演的な動き、インタビュー形式。


それはわかる。


以前からの展示会リサーチで、

動きが入ると人は止まりやすい

と知っていたから。


《展示会でMCは要らないのか?》

ただ自分はそれを超える

MCを売っているのだ。


もうどうしたらいいのだろう…

「デモンストレーションとかやっていれば、

別にMCはいらないのかも…」


そんな自分の必要性まで

疑うようになってきていた。


アイデアも何も浮かばないまま、

自社ブースに戻り、

そこに立っているだけじゃ

何のために来ているのかわからないので、

とりあえず

プレゼンでしゃべる予定だった原稿を持ち出して、

ブース前でしゃべってみた。


だがやはり、素通りをされてしまう。


「岩下さん、とりあえず昼食でもとって、

気分転換してください」


優しく声を掛けて頂くも、

本当は「何しにきやがった」

と思われているんじゃないか、

「もういらないよな」

と思われているんじゃないか…


そんなことを思いながら、

お昼を無理やりかきこみ

「もう帰りたい…」

という超ネガティブな考えが

ちらつき始めていた。


そんな中、

それまで何も言わなかった社長が口を開き、

私にこう言ったのです。


その一言とは…

次回

「社長の一言で動き出した展示会MCのヒント」

こちらをお届けします。


※この記事は2015年7月に書かれたものです。

この失敗から学び、

2016年10月現在は、

以下の2分プレゼンなどを実践し、

御社の展示会の商談率をUPさせています。

以下の動画は要チェック!

展示会成功の為の
無料メルマガも配信中!

必勝ブック、プレゼントしています!

以下をクリック!↓

東京ビッグサイトなどで行われる展示会で、
集客を上げたいと悩む企業様に、
集客MC・岩下利朗がブースに活気を与えます!
リードの獲得、
ブース動線や当日の戦略など、
展示会集客のアドバイザー


見込み客との商談率UP!

戦略的MC詳細はこちら↓

岩下利朗のMCにご興味ある方はこちら↓

Facebookでもお気軽にご連絡ください

(スパム等防止のため、申請の場合はメッセージを付けて頂きますようにご協力をお願いいたします)


この記事をはてなブックマーク・facebookでシェアして周りの方と共有しましょう!









0コメント

  • 1000 / 1000