離脱率が下がる!展示会プレゼンの極意

☆本日の目次☆

◆SURTECH 2017

◆10分プレゼンだと離脱は高いが…

◆10分プレゼンの極意


◆SURTECH 2017

さあ、頑張りました~!

SURTECH、3日間の展示会が無事に終了!


おかげさまで、

クライアントさんやパートナー企業さんからも好評を頂き、

大盛況という形で幕を閉じることができたっ!



企画プランナーでプロデューサーの柴田さんと

打ち上げビール、美味かった!

これね↓(仕事終えた男の表情でしょ?)

色々と総評はあるけれども、

今回のブログではMCの

「プレゼンテーション」について

触れていきましょうか~

と思った次第でございます。


◆10分プレゼンだと離脱は高いが…

さて、今回のプレゼンテーションは

10分ほどの内容を1時間に1回程度、

様子をみて行うというスタイル。


以前のブログでも書いちゃいますが、

「3分プレゼン」が本来の僕のウリ。


でも今回は10分の内容で

プレゼンをやっていたんですね。


正直、10分ものプレゼンテーションは

展示会であまり通用しない…

というより

聞いてもらえない可能性が高いんですね…

(展示会出展経験がある方はわかるはず!)


しか~し!

そこは戦略的MCの岩下利朗。


さすがの内容で、

10分の中でも離脱率はかなり低いほうだったと思う!

…というか間違いなく低かった!


なんでよ?なんでよ?

と思ったあなた、聞きたいでしょ?


よっしゃ!書きましょう!


◆10分プレゼンの極意

これは自分だけの力ではなく、

(もちろん自分の力もある!(笑))

チームとしての連携が大きかった。


箇条書きにしてまとめてみたから、

是非、お読みくださいまし~


●クライアント、
もしくはパートナー企業からもらった原稿を
読むだけではなかった。


●クライアントの工場に行って、
丸一日の取材、数回の打ち合わせを重ねて、
クライアントの想いを共有していた。


●企画プランナーと連携し、
ブースと連動したシナリオを作成した。


●シナリオをもとに、独自のパワポを作成。
企画プランナーと施工チームのブースの装飾を
コラボレーションさせた、
エンタメ要素が入ったプレゼンテーションだった。


●プレゼンのどの部分から聞いても、
ターゲット層が気になる内容だった。


●「読んでるな」「雇われだな」
というMC感がゼロ。


●プレゼン後のアクションを作ってないた。
またそれを状況に合わせて修正した。


こんなところでございますね。


では各ポイントを紐解いていきましょう!


と、今日はここまで!

また次回書きますね~

お楽しみに!


※現在は私は、「展示会戦略チーム」のMCとして活動しており

「もっと展示会を効果的な集客の場にしたい」

と思われる企業様へ、

パートナー企業のご紹介をしております。


●出典に向けての心構えを学ぶ場
●ゼロベースからの企画
●集客力のあるブースデザイン
●集客MCを取り入れた演出
●動画・はがきを使ったアフターフォロー

など


濃いですが(笑)最高、最強チームです!↓

展示会はすべてのバランスがピッタリマッチして

成功への道へと進み始めます。


本気で「展示会成功」を考える企業様には

それぞれのプロフェッショナルをご紹介し、

御社の発展につながる最高級のものを提供します。


詳しくは一番下のフォームからお気軽にお問い合わせください。


『戦略的MC&展示会集客アドバイザー』

東京ビッグサイトなどで行われる展示会で、

集客を上げたいと悩む企業様に、

集客MC・岩下利朗がブースに活気を与えます!

リードの獲得、

ブース動線や当日の戦略など、

展示会集客のアドバイザー


見込み客と商談UP!
戦略的MC料金はこちら↓

記憶に残し、結果を残す戦略的MC 岩下利朗

0コメント

  • 1000 / 1000